HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第65巻 >

北極振動と日本の気候

フルテキスト
YAMAZAKI.pdf2.29 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20450

タイトル: 北極振動と日本の気候
その他のタイトル: Arctic Oscillation and climate in Japan
著者: 山崎, 孝治 著作を一覧する
発行日: 2007年 3月23日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 65
開始ページ: 13
終了ページ: 19
抄録: 冬季の北半球で卓越する変動パターンである北極振動について、その構造、成層圏との関係、成因、季節変化及び日本の気候との関係をレビューする。北極振動は北極域と中緯度域の気圧のシーソー変動であり、高緯度西風ジェットの変動である。平均風と擾乱の相互作用により卓越する。冬季は成層圏まで延びておりほぼ順圧的構造をしている。北極振動の位相が正、即ち、北極域の気圧偏差が負のときには、日本、特に北日本で暖冬になりやすい傾向にある。夏の北極振動は北にシフトした構造をもち、正の位相のときオホーツク海高気圧が発達しやすい。
We reviw the Arctic Oscillation, which is the dominant mode of variability in atmospheric circulation in the Northern Hemisphere, along with its structure, relation to the stratosphere, origin, seasonal variation, and relation to climate in Japan. The Arctic Oscillation is an oscillation in sea-level pressure between the Arctic and the mid-latitudes: it is associated with variation in the high-latitude jet. In winter, the Arctic Oscillation extends well into the stratosphere and its structure is quasi-barotropic. In a positive phase of the Arctic Oscillation, Japan, and, northern Japan in particular, tends to experience warm winter. In summer, a positive phase of the Arctic Oscillation is associated with the enhanced Okhotsk high.
記述: 1章 10年~100年スケールの気候変動の観測, 気候復元とモニタリング
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20450
出現コレクション:第65巻

提供者: 山崎 孝治

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学