HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Environmental Science / Faculty of Environmental Earth Science >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

「個体差」の統計モデリング

Files in This Item:
日本生態学56-2.pdf249.91 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/26401

Title: 「個体差」の統計モデリング
Authors: 久保, 拓弥 Browse this author →KAKEN DB
粕谷, 英一 Browse this author
Issue Date: 31-Aug-2006
Publisher: 日本生態学会
Journal Title: 日本生態学会誌
Journal Title(alt): Japanese Journal of Ecology
Volume: 56
Issue: 2
Start Page: 181
End Page: 190
Abstract: 生態学のデータ解析で一般化線形モデル(generalized linear model; GLM)が普及していくにつれ「GLMだけでは説明がむずかしい現象」にも注目が集まりつつある。たとえば「過分散」(overdispersion)はわれわれがあつかう観測データによくあらわれるパターンであり、これは「あり・なし」データやカウントデータのばらつきがGLMで解析できなくなるほど大きくなることだ。この過分散の原因のひとつは個体差・ブロック差といった「直接は観測されてないがばらつきを増大させる効果」(random effects)である。この解説記事ではこのrandom effectsも組みこんだ一般化線形混合モデル(generalized linear mixed model; GLMM)で架空データを解析しながら個体差・ブロック差を考慮したモデリングについて説明する。
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/26401
Appears in Collections:環境科学院・地球環境科学研究院 (Graduate School of Environmental Science / Faculty of Environmental Earth Science) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 久保 拓弥

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University