HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第3号 >

移行過程支援研究の課題

Files in This Item:
4_p35-44_MIYAZAKI.pdf485.45 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/38180

Title: 移行過程支援研究の課題
Other Titles: Problems with studies on youth transition support
Authors: 宮﨑, 隆志1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Miyazaki, Takashi1
Keywords: 移行
諸コミュニティのフラグメント化
自己内他者
非行
社会的ひきこもり
Issue Date: 25-Mar-2009
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Journal Title(alt): Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
Volume: 3
Start Page: 35
End Page: 44
Abstract: 移行をコミュニティの境界横断として考えることによって、以下の点が明らかになった。第一に、移行には共時的移行と通時的移行がある。第二に、通時的移行は、共時的移行の主導的コミュニティの変化として理解可能である。第三に、生きづらさは、その人の世界を構成する諸コミュニティ間の横断が困難になること(諸コミュニティのフラグメント化)によって引き起こされる。第四に、共時的移行の困難/容易、通時的移行の困難/容易の二系列を組み合わせることによって移行の四類型を析出できる。第五に、移行支援実践も、この類型間の相互転換に即して分析可能である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38180
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University