HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
観光学高等研究センター  >
雑誌発表論文等  >

開発途上国における地域開発問題としての文化観光開発 : 文化遺産と観光開発をめぐる議論の流れと近年の動向

SER61_002.pdf679.81 kBPDF見る/開く

タイトル: 開発途上国における地域開発問題としての文化観光開発 : 文化遺産と観光開発をめぐる議論の流れと近年の動向
その他のタイトル: Cultural Tourism Development as a Regional Development Issue in Developing Countries : The Latest Trend of Issues and Studies concerning the Relationship between Cultural Heritage and Tourism Development
著者: 山村, 高淑 著作を一覧する
キーワード: Cultural Heritage
Tourism Development
Regional Development
Developing Countries
Impact of Tourism Development
Cultural Tourism
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 国立民族学博物館
引用: 文化遺産マネジメントとツーリズムの持続的関係構築に関する研究. 西山徳明編.
誌名: 国立民族学博物館調査報告
巻: 61
開始ページ: 11
終了ページ: 54
抄録: 本稿の目的は,これまでの途上国の観光開発に関する内外の議論を,地域開発論・計画論的観点から体系的に整理し,その論点・問題点を明確化することにある。具体的にはまず,これまでの途上国の観光開発に関する研究や議論が行われてきた時代的背景を大まかに捉え,時代区分の設定を試みた。続いて既往研究の論点を,観光開発がインパクトを与える対象毎に分類し,それらの議論の持つ意味と問題点について体系的に概観・整理した。そして最後に,文化遺産とツーリズムの関係性に関してどのような論点が形成されつつあるのか,今後の可能性について一定の方向性を提示することを試みた。その結果,今後最も重要となると考えられる論点として,持続可能な観光開発を実現することを挙げ,そのために必要な要件として,ホスト社会自身が,ホスト社会の営みに関係する全ての要素――すなわち文化遺産――を維持・継承すること,そしてそれと同時に,観光という文脈において文化遺産を再構築することで文化観光を適切に創出すること,を指摘した。さらにそのためには,地域の主体性が機能し,自律的な活動の展開が可能となる,ホスト社会に密着した形の,小さな規模の観光形態が求められることも併せて指摘している。
The aim of this paper is to systematically organize the domestic and foreign discussion regarding tourism development in developing countries carried out over the last 40 years from the point of view of regional development and planning, and clarify these issues. In particular to begin with, the paper looks at the general background of this 40 year period in which research and discussion was carried out in regard to tourism development in these developing countries, and an attempt is made to establish this period into separate phases. Then, the contents of these previously made studies will be classified by subjects in which tourism development has made an impact. These are then reviewed and organized in regard to the problems and significance, which these discussions have. Then finally, the paper will attempt to offer one possible direction concerning what form continued future discussion will take regarding the relationship between cultural heritage and tourism. The result is that this increasingly important issue will bring about the realization of sustainable tourism development and as a necessary requirement the host community itself must maintain and continue to inherit all related elements of daily life in the host community, in other words, the cultural heritage. Then, at the same time, they must also create cultural tourism accordingly by the reconstruction of cultural heritage from the context of tourism. Furthermore, in order to do that, the paper also points out the fact that a small scale system of tourism will be necessary, which is closely related to the host community based on local identity and a movement of autonomous activities.
資料タイプ: article
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 山村 高淑


本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at へお願いします。 - 北海道大学