HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Health Sciences / Faculty of Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

気管吸引動作の言語化 : ICNP® version1.0 との比較

Files in This Item:
colley_2009-1.pdf177.91 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/39396

Title: 気管吸引動作の言語化 : ICNP® version1.0 との比較
Authors: 伊藤, 紀代 Browse this author →KAKEN DB
Issue Date: 2009
Publisher: 北海道看護協会札幌第4支部
Journal Title: 平成20年度 第26回看護研究発表会集録集
Start Page: 13
End Page: 15
Abstract: 2005年に日本看護協会は「盲・聾・養護学校における医療的ケア実施マニュアル」を編纂し、痰の吸引等、三行為の実施を、看護師資格のない特別支援学校(旧養護学校)教員に開放した。医療行為が他職種に開放されることにより、看護師の専門職としてのアイデンティティーが脅かされることが懸念される。従って、何が看護なのか、あるいは看護行為なのかを早急に明らかにする必要があると考えられた。そこで本研究では、気管吸引を扱った先行研究を元に、既存の看護用語集であるICNP® version1.0(以下、ICNP® とする)と比較した結果、いくつかの示唆が得られたため報告する。看護行為の中でもとりわけ気管吸引に着目したのは、気管吸引には、吸引が必要になったときの緊急性、24時間体制が必要といった特性があるためである。
Type: proceedings (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/39396
Appears in Collections:保健科学院・保健科学研究院 (Graduate School of Health Sciences / Faculty of Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: コリー 紀代

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University