HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

動的荷重センサーを用いたアスファルト混合物の荷重分散特性の検討

フルテキスト
moriyoshi_JJPI41_330.pdf782.3 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/40053

タイトル: 動的荷重センサーを用いたアスファルト混合物の荷重分散特性の検討
その他のタイトル: Analysis of Load Distribution in Asphaltic Mixture Using Dynamic Sensor
著者: 笠原, 彰彦 著作を一覧する
天野, 隆明 著作を一覧する
森吉, 昭博 著作を一覧する
キーワード: Asphalt
Apphaltic mixture
Dynamic sensor
Load distribution
Stress analysis
Finite element method
発行日: 1998年 9月 1日
出版者: 石油学会
誌名: 石油学会誌
巻: 41
号: 5
開始ページ: 330
終了ページ: 335
抄録: 本研究は,載荷走行時のアスファルト混合物層下面における鉛直応力の相対的な分布を動的荷重センサーを用いた室内走行実験より求め,荷重や混合物温度の変化が荷重分散の特性に与える影響を検討した。この結果と弾性および粘弾性理論による応力解析結果との比較も行った。実験の結果,実際の荷重分散は弾性および粘弾性理論による解析結果よりも広範囲に及ぶこと,本実験で対象とした範囲での混合物温度の変化は荷重の分散特性に大きく影響を及ぼすが,荷重の大きさが同特性に及ぼす影響は小さいことなどを明らかにした。
This paper describes the effects of wheel load and temperature of asphaltic mixture on properties of load distributing characteristics, estimated from relative distributions of vertical stress at bottom of asphaltic mixture and analyzed on basis of wheel tracking test using a dynamic sensor. Such relative distributions of vertical stress and the effects were compared with those computed by elastic and viscoelastic FEM. By using the same method of analysis, relation between depth of rutting and relative distribution of vertical stress at bottom of asphaltic mixture, was also investigated. The conclusions obtained follows: Load distribution by wheel tracking tests were broader than those by FEM. Changes of temperature of asphaltic mixture affected remarkably the load distribution but changes of load had hardly any affects.
記述: ノート
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/40053
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森吉 昭博

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学