HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
観光学高等研究センター  >
CATS叢書 : 観光学高等研究センター叢書 = CATS Library >
第3号:コミュニティ・ベースド・ツーリズム事例研究 ~観光とコミュニティの幸せな関係性の構築に向けて~ / 山村高淑、小林英俊、緒川弘孝、石森秀三編 >

ブータンに学ぶ観光開発の哲学 : GNHとツーリズムの関係性についての一考察

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
CATSLibrary03_211-216.pdf1.25 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/42689

タイトル: ブータンに学ぶ観光開発の哲学 : GNHとツーリズムの関係性についての一考察
著者: 山村, 高淑 著作を一覧する
キーワード: コミュニティ・ベースド・ツーリズム
ブータン
観光
発行日: 2010年 2月 1日
出版者: 北海道大学観光学高等研究センター、日本交通公社 = Center for Advanced Tourism Studies, Hokkaido University, Japan Travel Bureau Foundation
引用: コミュニティ・ベースド・ツーリズム事例研究 ~観光とコミュニティの幸せな関係性の構築に向けて~ = Case Studies of Community-Based Tourism : Towards a Sustainable Happy Relationship between Tourism and Community
誌名: CATS 叢書 = CATS Library
巻: 3
開始ページ: 211
終了ページ: 216
抄録: 我々、北海道大学観光学高等研究センターは、2006年度より財団法人日本交通公社の特定研究プロジェクト「コミュニティ・ベースド・ツーリズムに関する研究」に共同研究の形で参画させていただいている。コミュニティ自身が自律的にツーリズムをコントロールし、自らの社会・文化の発展につなげていくための方策を、国内外の先進事例から探っていこうというものである。さて2007年11月24日から12月4日にわたり、この研究の一環として、ブータン王国での実地調査を行った。その目的は、ずばり「GNH(Gross National Happiness:国民総幸福量)とツーリズムとの関係性」について、調査団員各自の専門分野の視点から考察することであった。本稿では筆者の専門分野であるヘリテージツーリズム(文化遺産観光)の観点に偏ることをお断りしつつ、このブータン調査で得られた知見の一部を報告したい。
記述: 付属資料 (3)
Rights: © 山村高淑
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/42689
出現コレクション:第3号:コミュニティ・ベースド・ツーリズム事例研究 ~観光とコミュニティの幸せな関係性の構築に向けて~ / 山村高淑、小林英俊、緒川弘孝、石森秀三編

提供者: 山村 高淑

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学