HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第60巻第3号 >

J.S.ミルと歴史学派

Files in This Item:
ES_60(3)_15.pdf126.22 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/44488

Title: J.S.ミルと歴史学派
Other Titles: J.S. Mill and the Historical School
Authors: 佐々木, 憲介1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sasaki, Kensuke1
Keywords: 社会現象の統一性
演繹法と帰納法
歴史的方法
行為の多元性
学説の相対性
Issue Date: 9-Dec-2010
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 60
Issue: 3
Start Page: 15
End Page: 27
Abstract: 1870年代から20世紀初頭にかけて, イギリスにおいても歴史学派と称される一群の経済学者が現われ経済学上の有力な潮流となった。歴史学派は古典派の理論的・演繹的方法に対して歴史的方法を対置し, 古典派の方法論をさまざまな角度から批判した。しかし, 古典派を代表する経済学者の一人であったJ.S.ミルは, その『論理学体系』においてすでに歴史的方法について語っており, それ以外にも歴史学派のものとされる主張を展開していた。はたして, ミルの経済学方法論はイギリス歴史学派とどのような関係にあったのか。クリフ・レズリーは, ミルとリカードウとの違いを強調したが, 歴史学派の多くはむしろ両者の共通性に注目した。ミルは, 経済学の原理に関してはリカードウ派の立場を堅持しており, 新しく示された観点は観点の提示に留まっていて歴史研究の先駆的な業績があったわけではなかった。そのような意味で, 歴史学派にとってのミルは旧学派の一員であった。しかし, 実践的な意味では, ミルの学説は社会改良主義への突破口の一つになった。何人かの歴史学派がミルを評価したのはむしろこの点であった。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/44488
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第60巻第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University