HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
International Education and Research Division >
北海道大学留学生センター紀要 = Bulletin of International Student Center Hokkaido University >
第1号 >

中間言語における普遍文法の働き : 1996年の調査報告

Files in This Item:
BISC001_004.pdf2.15 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/45549

Title: 中間言語における普遍文法の働き : 1996年の調査報告
Other Titles: The working of Universal Grammar in interlanguage : a report of the 1996 study
Authors: 佐藤, 豊1 Browse this author
Authors(alt): Sato, Yutaka1
Keywords: second language acquisition
第2言語獲得
Japanese
日本語
Universal Grammar
普遍文法
the Proper Binding Condition
適正束縛条件
scrambling
かきまぜ移動
Issue Date: Oct-1997
Publisher: 北海道大学留学生センター
Journal Title: 北海道大学留学生センター紀要
Journal Title(alt): Bulletin of International Student Center, Hokkaido University
Volume: 1
Start Page: 39
End Page: 53
Abstract: 本稿の目的は、(1)現在第2言語習得で前提とされている実験方法の問題点を指摘し、新しいアプローチを提案する、(2)成人による第2言語獲得に対する普遍文法の関与を示唆するデータを提示するという2点である。ある普遍文法原理が第2言語獲得に関与できるかどうかを検証する際、母語からの転移を避けるために、その普遍文法原理が機能していない母語をもつ被験者を選ぶことが前提になっている。しかし、普遍文法が関与する言語操作は、ほとんどすべての言語が持っており、母語において機能するが目標言語においては機能しないという普遍原理を探すのはなかなか困難である。本稿では、同じ普遍文法原理が母語と目標言語で機能していも、その原理が関わる言語操作が全く異質な場合は、母語からの転移の可能性を排除することが可能であることを論じる。ここでは、適正束縛条件という普遍原理により移動をとりあげ、WH移動等に関して適正束縛条件が機能している英語・フランス語・イタリア語の話者にも、日本語の「かきまぜ移動」が適正束縛条件を守ることを普遍文法なしには推測することはできないと論じる。上の前提にたち、英語・フランス語・イタリア語を母語としてもつ合計14名の日本語中上級の学習者に対し、文法性判断テストを行った結果を示す。その結果、統制群同様に93%の確率でこれらの学習者はかきまぜ移動による適正束縛条件違反を正しく判断することができた。詳しく彼等の回答を考察すると、被験者の判断は語順・入力頻度・複雑さのみによって、説明はできないという結果が出た。
This paper explores a possibility in which the working of Universal Grammar in second language acquisition (SLA) can be detected, even when the same universal principle is instantiated in both an L1 and L2, without confounding data with positive transfer from the L1. I first demonstrate that no transfer effects can be expected when the principle in question is instantiated in quite distinct language operations in the L1 and L2, e.g. WH-movement in English and scrambling in Japanese. Secondly, I report the results of a study which was conducted with eleven English, two French, and one Italian postpuberty learners of Japanese to investigate whether they could judge accurately Proper Binding Condition violations derived by scrambling in Japanese. The results indicate that they could do so 93% of the time, which strongly supports that UG is accessible to adult SLA. Their response patterns, when compared to those of the controls, did not indicate that they resorted to the strategies based on word order, frequency in input, or complexity in their grammaticality judgments.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/45549
Appears in Collections:北海道大学留学生センター紀要 = Bulletin of International Student Center Hokkaido University > 第1号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University