HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
International Education and Research Division >
北海道大学留学生センター紀要 = Bulletin of International Student Center Hokkaido University >
第8号 >

日本語母語話者の独話に現れる接続詞「で」について

Files in This Item:
BISC008_004.pdf738.04 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/45646

Title: 日本語母語話者の独話に現れる接続詞「で」について
Other Titles: A study of the conjunction de
Authors: 石島, 満沙子1 Browse this author
中川, 道子2 Browse this author
Authors(alt): Ishijima, Masako1
Nakagawa, Michiko2
Keywords: 接続詞
「それで」
「で」
接続表現の二重使用
理系学会発表
Issue Date: Dec-2004
Publisher: 北海道大学留学生センター
Journal Title: 北海道大学留学生センター紀要
Journal Title(alt): Journal of International Student Center, Hokkaido University
Volume: 8
Start Page: 46
End Page: 61
Abstract: 本研究では理系学会口頭発表の書き起こしコーパスを用いて、日本語母語話者が学会発表の独話の中で接続詞「それで」の短縮形とされてきた「で」をどのように使用しているかを分析し、「それで」との比較を通してその意味・機能を検討してみた。その結果、次のことが明らかになった。(1)「で」は「それで」より多用されていた。(2)「で」は多様な意味・機能を持つ接続詞として用いられていた。辞書等に記載されている「それで」の意味・機能である「順接」、「添加」に加えて、「同列」、「補足」、「転換」、「対比」の6種類があった。(3)この他に「で」には語調を整える機能を持つことも示唆された。(4)「で」は口頭発表において実験方法や実験結果等の説明部分に多く使用されていた。以上のことから、接続詞「で」の指導は学習者が産出する口頭表現、特に学会発表などの独話での「自然な日本語」の習得に繋がると思われる。
The aim of this study is to clarify the usages of de, commonly viewed as a contracted form of the conjunction sorede, through the analysis of a corpus consisting of presentations at scientific meetings. The findings were: (1) de appeared much more frequently than sorede. (2) Various usages of de were found. In addition to consequence, and addition, these included exemplification, supplementation, topic-change, and contrast. A further function of de, that of filler, is also suggested. This wide range of use can be seen as an important factor in (1). (3) de appeared most frequently in sections of the presentation explaining methods and results of experiments.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/45646
Appears in Collections:北海道大学留学生センター紀要 = Bulletin of International Student Center Hokkaido University > 第8号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University