HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク  >
北海道大学サステナビリティ・ウィーク2011  >

国際シンポジウム「北方のツーリズムと景観」(Symposium on Tourism and Landscape in the North) : [1]

主催:フィンランドセンター北海道事務所
共催:アイヌ・先住民研究センター、観光学高等研究センター

Organizer: The Finnish Institute in Japan Hokkaido Office
Co-host: Center for Ainu and Indigenous Studies, Center for Advanced Tourism Studies

近年、北方圏の発展における観光・ツーリズムの役割に注目が集まっていますが、それと同時に、その対象となる景観、環境さらには土地利用のあり方も重要な問題です。午前のセッションでは観光・ツーリズムに焦点を当てるとともに、そこでの北方先住民族を含む地元住民の役割を考えます。午後のセッションでは、景観と土地利用をテーマとし、社会や気候の急激な変化のなかで先住民族が直面している諸問題や、環境保全や生物多様性の保護に対する先住民族の関わりについて、サーミとアイヌ民族の事例を取り上げることにします。
北海道‐フィンランドデイズの行事です。

In recent years, the role of tourism in the development of northern regions has gained attention. In this regard, an important contribution is made by landscapes, the environment and approaches to land use. Accordingly, the nature of these elements as they relate to tourism development is a major consideration. The morning session here will focus on tourism with discussions covering the related roles of local residents, including indigenous peoples of the north. The afternoon session will highlight landscapes and approaches to land use. With the Sami and the Ainu as examples, discussions will also focus on issues facing indigenous peoples in relation to today’s rapid social and climatological changes as well as their involvement in environmental conservation and biodiversity protection initiatives. Check Agenda for more details.
This is an event of “Hokkaido-Finland, A Bridge for Northern Cooperation“.

検索結果表示: 1 - 1 / 1
資料種別著者タイトル別タイトル掲載誌等発行日
conference presentation山村, 高淑北海道におけるツーリズムの課題と可能性 : 先住民族の歴史・文化・現在に関するアクセス手段としてのツーリズムの観点からChallenges and Potential of Tourism in Hokkaido : From the Viewpoints of Tourism as a Means of Access to the History, Culture and Current Status of Indigenous People-2011年11月 1日
検索結果表示: 1 - 1 / 1

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学