HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
情報科学研究科  >
科学技術振興機構ERATO湊離散構造処理系プロジェクト講究録 >
2010年度 >

データ匿名化に関する検討

フルテキスト
06_all.pdf410.33 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/48479

タイトル: データ匿名化に関する検討
著者: 白井, 康之 著作を一覧する
発行日: 2011年 6月
出版者: ERATO湊離散構造処理系プロジェクト
引用: 2010年度科学技術振興機構ERATO湊離散構造処理系プロジェクト講究録. p.38-44.
抄録: 個人情報をはじめとする機微なデータから個人が特定されないようにする技術は,近年の個人の行動履歴情報の利活用の進展に伴い,特にデータマイニングの分野で注目を集めている.k匿名性をはじめとする匿名化技術は,基本的にはデータ項目の組み合わせ問題に帰着するが,匿名化されたデータの効率的な管理という側面から見れば,ZDDをはじめとしたデータベースの効率的な管理手段が必要とされる分野である.本発表では,データの匿名化が必要とされる背景や研究動向等のサーベイを行った上で,必要とされる匿名化技術の概要ならびにZDD によるコーディング手法に関する検討結果について触れる.
記述: ERATOセミナ2010 : No.6. 2010年7月9日
資料タイプ: conference presentation
URI: http://hdl.handle.net/2115/48479
出現コレクション:2010年度

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学