HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

クロマトグラフィーにおけるホスファチジルコリン分子種の溶出順位性について

Files in This Item:
lipids25_352-355.pdf254.84 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/48571

Title: クロマトグラフィーにおけるホスファチジルコリン分子種の溶出順位性について
Authors: 高橋, 是太郎 Browse this author →KAKEN DB
平野, 次彦 Browse this author
座間, 宏一 Browse this author
Issue Date: 1983
Publisher: 日本脂質生化学研究会
Journal Title: 脂質生化学研究
Journal Title(alt): Proceedings of the Japanese Conference on the Biochemistry of Lipids
Volume: 25
Start Page: 352
End Page: 355
Abstract: 大豆、卵黄ならびに4種の魚の筋肉より得たホスファチジルコリンをジグリセリドのアセテートとしたのち、高速液体クロマトグラフィーによって各ピークの分子種と相対保持時間との関係を求めた。その結果、各分子種の相対保持時間の対数とアシル基の総炭素数ならびに二重結合数との間にそれぞれ一次関数的関係があった。この一次関数は、ホスファチジルコリンの各アシル基の炭素数、二重結合数をそれぞれ2行2列の行数の要素と考えた場合、この行列によって規定されることが明らかになった。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/48571
Appears in Collections:水産科学院・水産科学研究院 (Graduate School of Fisheries Sciences / Faculty of Fisheries Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 高橋 是太郎

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University