HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第55巻第1号 >

モンゴルにおける日本のODA の現状と課題

Files in This Item:
ES_v55(1)_05.pdf2.48 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/5277

Title: モンゴルにおける日本のODA の現状と課題
Other Titles: The Role of the Japanese ODA in Mongolia : A Case Study
Authors: ジャミヤン, ガンバト1 Browse this author
吉野, 悦雄2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Jamiyan, Ganbat1
Yoshino, Etsuo2
Issue Date: 9-Jun-2005
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 55
Issue: 1
Start Page: 73
End Page: 94
Description: モンゴルは、市場経済に移行して国際社会から援助を受けるようになった。モンゴルは1991年から2002 年までの間に総額で23.6 億米ドルのODA を受けている。このODA 総額のうち日本からのODA 額は約36%を占めており、日本はモンゴルにとって第1 位のドナー国となっている。このような多額にのぼる外国ODA はモンゴルの社会・経済において疑いもなく重要な役割を果たしている。本稿では、モンゴルに対する外国ODA の実態を概観し、日本のODA の現状と課題について検討する。さらに事例分析を通じて日本のODA のモンゴル社会・経済に与えている効果について分析を行う。本稿の検討からはODA 法の整備の遅れが悪影響を及ぼしたことが分かる。日本のODA はモンゴルの経済インフラを中心として行われている。ODA 事業の失敗例もあるが、モンゴルに対する日本のODA は非常に重要な意義を持ち、欠かせない役割を果たしていると位置づけられよう。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/5277
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第55巻第1号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University