HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第119号 >

矛盾の連続的解決としての平和運動の社会的意義 : 警察・軍隊による「分割統治」を超えて

フルテキスト
AA12219452_119_03.pdf1.39 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.119.51

タイトル: 矛盾の連続的解決としての平和運動の社会的意義 : 警察・軍隊による「分割統治」を超えて
その他のタイトル: Social Implications of the Peace Movement for Continual Solution of Contradiction : Separating the Reign of the Police and Army
著者: 阿知良, 洋平 著作を一覧する
キーワード: 分断
警察・軍隊
矛盾
協働
媒介の価値
Segmentation
Police
Contradiction
Cooperation
Mediation
発行日: 2013年12月25日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 119
開始ページ: 51
終了ページ: 68
抄録: 媒介の価値は,警察・軍隊との関連で探ることが出来る,というのが本稿の趣旨である。1990 年代後半以降の規制緩和諸策の中で,若者達の生活環境は悪化した。そうした中で生活の基盤を失い,つながりを失い,希望を失って反社会的な行動に出る若者も続出した。秋葉原事件の加藤智大もその一人である。現状の社会システムにおける警察は,彼を法律に違反として逮捕した。彼の罪と償いについての議論は別だが,彼の犯行以前の過程もトータルに捉えて社会の統治のあり方の問題として再考した時,違った方法もあるのではないか。個々人がつらい状況に陥った時,それをその人個人の問題のみに還元せずに,むしろ社会の側に新しいつながりやシステムを創りだしていくような実践とつないでいく,そんな解決もあるのではないか。本稿は,平和運動に即して,矛盾を協働の創造や協働間の協業へと連続させていく媒介の可能性を探った。
This study argues that investments for the improvement of interventions are concentratedat the police and armed forces. During Japan’s neoliberalism policy of the 1990s, many youngindividuals committed crimes because they lost meaning in their lives, their friendships, andtheir hopes of the future. Kato Tomohiro, a criminal from the Akihabara affair, was arrested bythe Japanese police because he went against the law. His judgment must be considered on thebasis of on our current social understanding. However, considering the method of his crime, weshould create a system that is external to current policies. We should work toward a practicethat generates a new social system, and not one that considers the affair to an individual problem.Therefore, this study pursues the possibility of mediating cont radiction and practice.The findings are as follows: 1) Cooperation is the foundation for living in peace; 2)Reconstructing young people’s lives requires intervention and genuine cooperation; 3) Cooperationbuilds the community, which comprises memory, camaraderie, and labor; 4) Community is basedon a condition of liberty for achieving work choices among young people. Based on these findings, we should invest in such interventions, however, not aimed towa rd the police and armed forces.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/53817
出現コレクション:第119号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学