HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第13号 >

観光研究へのアクター・ネットワーク論的アプローチ : 北海道における中国人観光者の実践を例として

フルテキスト
007_ZHOU.pdf1.78 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/54066

タイトル: 観光研究へのアクター・ネットワーク論的アプローチ : 北海道における中国人観光者の実践を例として
その他のタイトル: Actor-network Approach in Tourism Studies : A Case of Chinese Tourists Visiting Hokkaido
著者: 周, 菲菲 著作を一覧する
キーワード: 観光研究
アクター・ネットワーク論
アプローチ
北海道
中国人観光者
発行日: 2013年12月20日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科
誌名: 研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters
巻: 13
開始ページ: 111(左)
終了ページ: 135(左)
抄録: この論文は,観光研究におけるアクター・ネットワーク論的なアプローチ の必然性と可能性を探求する。まず,従来の観光研究における全体論的な視 点の欠如とモノについての考察の不足といった問題点を指摘する。観光地対 観光者という二分法や,イメージ論のような表象分析の枠では,観光実践の 複雑性を十分に研究することができない。ここで,関係の生成変化に注目し, 人やモノ等の断片的な諸要素を,諸関係を構成する対称的なアクターと見て, それらのアクターが織り成すネットワークの動態の過程を把握するアク ター・ネットワーク論に注目する。そして,観光におけるモノの物質性と場 所の多元性の存在を論証し,観光者のような特定のアクターが観光ネット ワークの中で他のアクター(地域イメージ,モノ等)を翻訳し,自らの実践 に導く様相を,先行研究に基づいてまとめる。さらに,中国人の北海道観光 を例として,アクター・ネットワーク論に基づき,個的実践の共有化の過程 と,地域イメージのブラックボックス化の過程をまとめた。最後に,観光研 究へのアクター・ネットワーク論的アプローチを,地域の複数性を提示する 研究として提示してみた。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/54066
出現コレクション:第13号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学