HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

シカの異常増加を考える

Files in This Item:
65_2_108_116.pdf395.11 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/54808

Title: シカの異常増加を考える
Other Titles: Are deer populations increasing abnormally?
Authors: 揚妻, 直樹 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: 異常
過去の個体群
機能の反応
生息地
被害
Issue Date: 1-Nov-2013
Publisher: 農山漁村文化協会
Journal Title: 生物科学
Volume: 65
Issue: 2
Start Page: 108
End Page: 116
Abstract: シカによる農業被害や自然植生の改変はシカの異常増加によるものであると認識されてきた.その異常増加の原因として地球温暖化・天敵絶滅・狩猟者減少などが挙げられている. ところが,時代を今から数十~百数十年遡ると,日本各地のシカ生息数はかなり多かったことがわかってきた.そうなると,先に挙げられた原因の妥当性が怪しくなる.シカ個体群の消長には,農地周辺と山林で別々に起きた人間の土地利用の変化が大きく効いていると考え られた.
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/54808
Appears in Collections:北方生物圏フィールド科学センター (Field Science Center for Northern Biosphere) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 揚妻 直樹

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University