HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Theses >
修士 (理学) >

無限自由度の正準交換関係の表現とこれに同伴する第2量子化作用素について

Creative Commons License

Files in This Item:
修士論文「無限自由度の正準交換関係の表現とこれに同伴する第2量子化作用素について」.pdf458.92 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/54941

Title: 無限自由度の正準交換関係の表現とこれに同伴する第2量子化作用素について
Other Titles: Representations of canonical commutation relations with infinite degrees of freedom and associated second quantization operators
Authors: 細田, 優人 Browse this author
Issue Date: 25-Mar-2014
Abstract: 場の量子論の数学的モデルを構成する上で基礎となるものがフォック空間である。特に、ボース場のモデルを構成する上で基礎となるものはボソンフォック空間と呼ばれ、その上で働く生成・消滅作用素は重要な役割をもち、正準交換関係 (canonical commutation relations ; CCR) という特徴的な交換関係を満たす。この代数的な関係式であるCCR に着目し、これを満たすようなものを一般的に考察していくことにより、より普遍的な量子場の数学的構造が明らかとなる。
Conffering University: 北海道大学
Degree Level: 修士
Degree Discipline: 理学
Rights: http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/
Type: theses (master)
URI: http://hdl.handle.net/2115/54941
Appears in Collections:学位論文 (Theses) > 修士 (理学)

Submitter: 細田 優人

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University