HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Environmental and Health Sciences >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

胎児期の母の受動喫煙と児の出生体重に関する最近の研究動向

Files in This Item:
kobayashi_0914-2630_20150501.pdf1.25 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/58547

Title: 胎児期の母の受動喫煙と児の出生体重に関する最近の研究動向
Other Titles: Maternal passive smoking and infant birth weight Literature review
Authors: 小林, 澄貴 Browse this author →KAKEN DB
荒木, 敦子 Browse this author →KAKEN DB
佐々木, 成子 Browse this author →KAKEN DB
池野, 多美子 Browse this author →KAKEN DB
宮下, ちひろ Browse this author →KAKEN DB
伊藤, 佐智子 Browse this author →KAKEN DB
岸, 玲子 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: 受動喫煙
胎児期曝露
妊婦
出生体重
文献レビュー
Issue Date: Mar-2015
Publisher: 北海道公衆衛生学会
Journal Title: 北海道公衆衛生学雑誌
Volume: 28
Issue: 2
Start Page: 37
End Page: 48
Abstract: 妊娠中の受動喫煙曝露が児の出生体重に及ぼす影響について、この影響を修飾する遺伝的感受性の関与も含めて現在までの知見をまとめ、今後の研究の課題を探ることを本総説の目的とした。検索開始年は絞らずに2014年12月までに発表された論文について、(1)"Secondhand smoke"、(2)"Passive smoking"、あるいは(3)"Environmental tabacco smoke"と"Birth weight"をそれぞれキーワードとし、and条件としてPubMedで文献検索をおこなったところ37編となった。妊娠初期後半以降における母の受動喫煙が出生体重を減少させ、低出生体重やSGA(Small-for-gestational-age)のリスクを2倍まで上げることがわかった。今後の研究課題は、胎児期の曝露時期別による受動喫煙が出生体重に及ぼす影響についての検討をさらに進めるのと同時に、そのタバコ煙中の化学物質の代謝に関与する遺伝子多型についても解析し、明らかにすることである。出生体重に影響を受けやすい時期と遺伝的にリスクが高い群がいることを考慮した上で、妊婦の受動喫煙を避ける環境整備が重要である。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/58547
Appears in Collections:環境健康科学研究教育センター (Center for Environmental and Health Sciences) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 小林 澄貴

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University