HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
17号 >

事務職員によるサイエンスカフェ : 科学の仲介に必要なストーリーの構築

Files in This Item:
web_Costep17_4.pdf335.96 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/70477

Title: 事務職員によるサイエンスカフェ : 科学の仲介に必要なストーリーの構築
Other Titles: Science Café Facilitated by Office Staff : Needs for the Storyline at Science Talk
Authors: 坂野上, 淳1 Browse this author
Authors(alt): SAKANOUE, Jun1
Keywords: science café
facilitator
science literacy
comprehension
non-specialist
サイエンスカフェ
ファシリテーター
科学リテラシー
理解力
非専門家
Issue Date: Jul-2015
Publisher: 北海道大学高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 17
Start Page: 59
End Page: 64
Abstract: サイエンスカフェにおいては,話題提供者である研究者とファシリテーターの存在が必須である.ファシリテーターに求められる能力が単に研究内容を理解し一般向けに言葉を移し替えることなら研究の同業者がいいだろう.一方で,こうしたカフェでは,“参加者が先生同士の対談を見物する”という図式を招くおそれもある.そこで,科学の素人がファシリテーターを務めることにも意味があると考え,筆者らが大学で企画したサイエンスカフェを紹介したい.話題提供者である専門家と一般事務職員が務めるファシリテーターによるカフェは想像以上に好評を持って迎えられた.特に理解のプロセスに対する評価が高かったが,そこにはファシリテーターとスタッフによる準備段階でのストーリー作成が必要だった.一般市民が,自分と同じレベルの科学リテラシーを持つファシリテーターが作り上げたストーリーに沿って研究を理解するとき,知的な充実感が高まり,大きな満足感を感じられるのだろう.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/59580
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 17号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University