HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第127号 >

幼稚園における障害幼児の「個別の指導計画」に関する一考察

フルテキスト
006-1882-1669-127.pdf1.13 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.127.27

タイトル: 幼稚園における障害幼児の「個別の指導計画」に関する一考察
その他のタイトル: A Study on“Individualized Teaching Plan”for Kindergarten Children with Special Needs
著者: 吉川, 和幸 著作を一覧する
キーワード: 障害児保育
障害幼児
幼稚園
個別の指導計画
early childhood education and care for children with special needs
early childhood education andchildren with special needs
kindergarten
individualized teaching plan
発行日: 2016年12月20日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 127
開始ページ: 27
終了ページ: 39
抄録: 本稿の目的は,幼稚園に在籍する障害幼児を対象とした「個別の指導計画」作成の現状と実践上の課題について,先行研究及び公的資料を基に検討を行うことである。特別支援教育が施行され,およそ10年が経過したが,幼稚園における個別の指導計画の作成は十分に浸透していない。本稿では,①幼稚園において個別の指導計画の作成が教育制度上に位置付けられるまでの経緯,②個別の指導計画の作成の手順,③個別の指導計画を作成することの意義,④幼稚園で作成されている個別の指導計画の書式及び内容,⑤幼稚園における個別の指導計画の作成支援に関する研究,以上の5点について概観した。そして,幼稚園において個別の指導計画の作成が浸透,機能化するためには,①計画作成に伴う保育者の困難性の軽減,②計画作成に対する保育者の効力感の検討,③通常保育における学習観,計画観と対立しない個別の指導計画の書式の開発,以上の3点が課題であることを論じた。
The purpose of this article is to examine the current situation and practical issues on“individualized teaching plan”for Japanese kindergarten children with special needs through reviewing the previous studies and official documents. About ten years have passed since special needs education started in Japan, but making individualized teaching plan for kindergarten children with special needs have not spread sufficiently. In this article, the following 5 points were reviewed: (1) the background on how the individualized teaching plan in kindergarten were arranged and positioned on Japanese educational system, (2) the procedure of making individualized teaching plan, (3) the significance and merit of making individualized teaching plan, (4) the formats and descriptions of the individualized teaching plans for kindergarten children with special needs, and (5) the studies on the support for making individualized teaching plan in kindergarten. Consequently, to spread and functionalize individualized teaching plan in kindergarten, the study argues that the following three issues are important: (1) reduction of difficulty of making individualized teaching plan by preschool teacher, (2) examination of efficacy among preschool teachers on making individualized teaching plan, (3) development of individualized teaching plan format that is not incompatible with the conventional interpretation of learning and plan of Japanese early childhood education and care.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/64075
出現コレクション:第127号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学