HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第67巻 >

クロロフィル蛍光と吸収による光合成測定

フルテキスト
LTS67allf(522-523shusei).pdf1.87 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/65618

タイトル: クロロフィル蛍光と吸収による光合成測定
その他のタイトル: Basics of the Measurements of Photosynthesis by Pulse Amplitude Modulation
著者: 園池, 公毅 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
引用: 光合成研究法. 北海道大学低温科学研究所, 日本光合成研究会共編
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 67
開始ページ: 507
終了ページ: 524
抄録: クロロフィル蛍光はその起源となる光化学系の種類や量,そしてエネルギー移動を反映するため,光化学系の量比やステート遷移に関する情報をそこから得ることができる.また,室温での蛍光測定にパルス変調測定法を適用することにより,植物の光合成の状態を非破壊的に測定することができる.この場合,クロロフィル蛍光自体は光化学系IIから発光するが,電子伝達の相互作用を通して,系II以外の光合成の状態に関する情報を蛍光から得ることもできる.本稿では,クロロフィル蛍光測定の原理と,測定果を定量化する方法,そして結果として得られたパラメーターの解釈の方法について解説し,さらにパルス変調法の吸収測定への応用についても触れる.
Recently developed technique of pulse amplitude modulation (PAM)fluorescence measurement is a very effective method to characterize the various aspects of photosynthesis. Principles of the measurements and basic application to the photosynthesis research is summarized.
記述: 4章 分光測定 3. パルス変調蛍光 a
 2017-05-25 冊子体に掲載された同論文を加筆修正して公開した。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65618
出現コレクション:第67巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学