HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (医学) >

統合失調症における幼少期ストレス、人格傾向が抑うつ症状と自殺念慮・自殺企図に与える影響 [論文内容及び審査の要旨]

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
Ryo_Okubo_review.pdf審査の要旨156.45 kBPDF見る/開く
Ryo_Okubo_abstract.pdf論文内容の要旨238.22 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/66001
HUSCAP内関連資料

タイトル: 統合失調症における幼少期ストレス、人格傾向が抑うつ症状と自殺念慮・自殺企図に与える影響 [論文内容及び審査の要旨]
その他のタイトル: The influence of childhood abuse and personality traits on depressive symptoms, idea of suicide and suicide attempts in individuals with schizophrenia [an abstract of dissertation and a summary of dissertation review]
著者: 大久保, 亮 著作を一覧する
発行日: 2017年 3月23日
記述: 配架番号:2283
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第12542号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 医学
取得学位の審査委員: (主査) 教授 橋野 聡, 教授 石田 晋, 教授 久住 一郎, 教授 佐々木 秀直
学位審査の研究科等: 医学研究科(医学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral - abstract and summary of review)
URI: http://hdl.handle.net/2115/66001
出現コレクション:医学研究院・医学院(Graduate School of Medicine)
博士 (医学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学