HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

防風林の風倒要因の解析 : 2004年台風18号による北海道美唄市の例

Files in This Item:
Journal of the Japanese Forest Society 91_307.pdf1.14 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/67684

Title: 防風林の風倒要因の解析 : 2004年台風18号による北海道美唄市の例
Authors: 佐藤, 創1 Browse this author
鳥田, 宏行2 Browse this author
真坂, 一彦3 Browse this author
今, 博計4 Browse this author
渋谷, 正人5 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sato, Hajime1
Torita, Hiroyuki2
Masaka, Kazuhiko3
Kon, Hirokazu4
Shibuya, Masato5
Keywords: 数量化2類
2004年台風18号
根返り
風倒木
幹折れ
Issue Date: 2009
Publisher: 日本森林学会
Journal Title: 日本森林学会誌
Journal Title(alt): Journal of the Japanese Forest Society
Volume: 91
Issue: 5
Start Page: 307
End Page: 312
Publisher DOI: 10.4005/jjfs.91.307
Abstract: 2004年台風18号により風倒被害を受けた, 北海道美唄市内の防風保安林の風倒要因を解析した。この台風による最大風速は21 m/sであった。調査を行った防風林はヨーロッパトウヒ, カラマツ, シラカンバ, ヤチダモ人工林である。防風林に21箇所の方形区を設定し, 各個体の胸高直径と「根返り」, 「幹折れ」, 「無被害」別の被害状況を記録した。また, 深さ別の土壌の硬さを簡易貫入試験機により測定した。さらに, 樹種別に風倒被害の異なる要因を知るために, 幹を側方に引き, 根返りを発生させる際の最大抵抗モーメントを測定した。数量化2類による解析の結果, カラマツが最も被害を受けやすく, 次いでヨーロッパトウヒ, シラカンバ, ヤチダモの順に風倒被害を受けにくくなった。胸高直径は30 cmをピークに被害を受けやすかった。被害の種類については, カラマツとシラカンバは根返りしやすく, ヨーロッパトウヒは幹折れしやすかった。土壌の硬さは被害にあまり影響していなかった。根返り抵抗モーメントはヤチダモ>シラカンバ≒カラマツ≒ヨーロッパトウヒとなり, 樹高や葉量の違いとともに, 樹種別の風倒被害の違いを引き起こす要因となっていると考えられた。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67684
Appears in Collections:農学院・農学研究院 (Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 澁谷 正人

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University