HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

カラマツ林の力学的解析による風害予測

Files in This Item:
Journal of the Japanese Forest Society 92_3_127.pdf1.58 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/67690

Title: カラマツ林の力学的解析による風害予測
Authors: 鳥田, 宏行1 Browse this author
渋谷, 正人2 Browse this author →KAKEN DB
小泉, 章夫3 Browse this author
Authors(alt): Torita, Hiroyuki1
Shibuya, Masato2
Koizumi, Akio3
Keywords: 形状比
限界風速
植栽密度
地位指数
風害
Issue Date: 2010
Publisher: 日本森林学会
Journal Title: 日本森林学会誌
Journal Title(alt): Journal of the Japanese Forest Society
Volume: 92
Issue: 3
Start Page: 127
End Page: 133
Publisher DOI: 10.4005/jjfs.92.127
Abstract: 本研究では, カラマツの人工林の長伐期化に対する風害リスクを検討するため, 植栽密度や本数密度管理の違いが強風に対する抵抗性へ及ぼす影響を, 力学モデルによって評価した。抵抗性の評価には, 風害 (幹折れ, 根返り) が発生するときの高度10 mにおける風速を限界風速とし, この値を指標に検討を行った。その結果, 被害形態は, すべて根返りとなった。全体的な傾向として, 施業タイプとしては, 中庸仕立て (収量比数0.7∼0.8) よりも疎仕立て (収量比数0.6∼0.7) タイプが強風に対する抵抗性が高く, 疎植タイプで抵抗性が高いことが示された。また, すべての施業タイプにおいて, 強風に対する抵抗性は経年変化を示し, 成長過程の一時期 (林齢20∼30年) に低下傾向を示すが, その後, 樹高成長速度が鈍るころから抵抗性が回復する傾向が示唆された。強風に対する抵抗性がもっとも低下する時期は, 樹高成長が旺盛な時期でもあり, 形状比がもっとも大きくなる時期とほぼ一致した。本研究では, 施業タイプの差異が抵抗性に及ぼす影響は, 地位指数が高い立地で大きい傾向が示された。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67690
Appears in Collections:農学院・農学研究院 (Graduate School of Agriculture / Faculty of Agriculture) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 澁谷 正人

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University