HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
応用倫理 >
第9号 >

自己抹消的な道徳理論の問題点は(あるとすれば)何か

フルテキスト
9_02akiba.pdf1.03 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/ouyourin.9.12

タイトル: 自己抹消的な道徳理論の問題点は(あるとすれば)何か
その他のタイトル: What are the Problems( if any) of Self-Effacing Moral Theories?
著者: 秋葉, 剛史 著作を一覧する
発行日: 2016年 3月31日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター
誌名: 応用倫理
巻: 9
開始ページ: 12
終了ページ: 29
抄録: Moral theories generally tell us the right course of action. They deliver practical advices (or a series of commands) about how we should act, so it seems natural for those who sincerely accept a given moral theory to try to figure out, in each case where some practical decision is needed, what the theory recommends, and act accordingly. However, this is not what a moral theory always tells us to do. Certain moral theories in fact tell their followers not to consult them in daily decision-making. The reason for this is simply that if we consciously intend to act as the theories recommend, it would become difficult or even impossible for us to act in that manner. In recent literature, moral theories that satisfy this condition are called selfeffacing, and have attracted some attention. Although quite a few authors seem to endorse the view that this character of self-effacement makes a moral theory highly problematic (or even unacceptable), in this paper I shall argue that this view is ungrounded. To do this, I will critically examine various objections to self-effacing moral theories found in the literature that concern the following points, respectively: lack of action-guidingness; threat of undermining psychological harmony and the desirable form of moral deliberation; an absurd requirement to have mutually contradicting beliefs; and an invitation to a kind of self-deception. It will be argued that none of these objections constitutes a serious threat to self-effacing moral theories as such.
道徳理論は、我々がどのように行為すべきかについての指示を与える。そのため、日々の道徳的な意思決定において、自分の信じる道徳理論がどの行為を勧めているかを考えることは、我々にとってごく自然なことのように見える。しかしある種の道徳理論は、こうした直接的な意思決定法をそれ自身の基準から禁じる。なぜなら、その種の道徳理論に従おうとした場合、我々はかえってそうできなく(しにくく)なるからだ。このような一見逆説的な状況におかれた道徳理論は、しばしば「自己抹消的」と呼ばれる。そして少なからぬ論者によると、ある道徳理論が自己抹消的であるという事実は、場合によるとその理論を拒否するのに十分なだけの深刻な難点になる。しかし本稿ではこのような見方に対し、自己抹消性は少なくともそれ自体では、ある道徳理論を拒否するための説得的理由にはならないと主張する。そのため本稿では、従来この種の理論に向けられてきたいくつかの批判を検討する。より具体的に言うと、ここで考察されるのは、行為指導性の欠如、実践的指示の不確定性、心理的調和、望ましい道徳的熟慮、自己欺瞞、といった論点に関わる諸批判である。本稿の議論を通じて、自己抹消的な道徳理論に従来投げかけられてきたこれらの批判には十分応答可能であることが示される。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/68196
出現コレクション:第9号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学