HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

近赤外透過型分析計による米の成分測定の精度とその改善

フルテキスト
64_120.pdf1.19 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/70947

タイトル: 近赤外透過型分析計による米の成分測定の精度とその改善
その他のタイトル: Accuracy in Determination of Rice Constituent Contents Using Near-infrared Transmission Spectroscopy and Improvement in the Accuracy
著者: 川村, 周三 著作を一覧する
竹倉, 憲弘 著作を一覧する
伊藤, 和彦 著作を一覧する
キーワード: 近赤外分光法

水分
タンパク質
脂肪酸度
アミロース
穀物共同乾燥調製施設
自主検査
near-infrared spectroscopy
NIR
rice
moisture content
protein content
free fat acidity
amylose content
grain elevator
quality inspection
発行日: 2002年
出版者: 農業食料工学会
誌名: 農業機械学会誌 = JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY
巻: 64
号: 1
開始ページ: 120
終了ページ: 126
出版社 DOI: 10.11357/jsam1937.64.120
抄録: 穀物共同乾燥調製施設での自主検査における実用的な使用を想定し, 市販の近赤外透過型分析計による米の成分測定の精度を検証した。さらに分析計のフィルタ部およびキャリブレーションの改良をおこない, 測定精度の向上を試みた。その結果, 水分の測定精度は決定係数 (r2) が0.98, 標準誤差 (SEP) が0.13%, バイアス (Bias) が-0.02%であり, タンパク質の測定精度はr2=0.90, SEP=0.17%, Bias=0.01%であった。すなわち, 水分とタンパク質の測定値は基準分析に換えて利用できる良い精度であった。この分析計は, 温度が10℃から30℃までの範囲の玄米, および籾混入率が10%以下の玄米に対して, 水分とタンパク質を精度良く測定することが可能であった。
The accuracy in determination of rice constituent contents using near-infrared transmission (NIRT) spectroscopy was validated. A commercial NIRT spectrometer, which was considered to be applicable to practical use for quality inspection at a rice grain elevator, was used in this study. The accuracy of the spectrometer improved after modifying light filters and calibration models. In the determination of moisture content, the coefficient of determination (r2) was 0.98, standard error of prediction (SEP) was 0.13%, and bias was -0.02%. In the determination of protein content, r2 was 0.90, SEP was 0.17%, and bias was 0.01%. These results proved that the spectrometer was sufficiently accurate to be used instead of reference analysis for measuring moisture content and protein content of brown rice. The spectrometer could be also used with sufficiently high accuracy at a grain elevator for samples in a temperature range of 10°C to 30°C and for samples with a rough rice percentage of less 10%.
Rights: © 農業機械学会., © The Japanese Society of Agricultural Machinery
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/70947
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 川村 周三

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学