HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第132号 : 間宮正幸教授退職記念号 >

肢体不自由教育と臨床教育学

フルテキスト
050-1882-1669-132.pdf1.44 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.132.59

タイトル: 肢体不自由教育と臨床教育学
その他のタイトル: Education for the Physically Handicapped and Clinical Research on Human Development and Education in Japan
著者: 今野, 邦彦 著作を一覧する
キーワード: 肢体不自由教育
臨床教育学
アンリ・ワロン
Education for The Physically Handicapped
Clinical Research on Human Development and Education
Henri Wallon
発行日: 2018年 8月30日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 132
開始ページ: 59
終了ページ: 74
抄録: 我が国の肢体不自由教育の指導者・発達援助者による,子どもの見方・捉え方についての臨床教育学的アプローチについて検討した。その結果,アンリ・ワロンの発達教育思想が,日本の障害児教育に関わる教師などの人間発達援助者に多大な影響を及ぼしたこと,特に1980年前後からの,養護学校における児童生徒の障害の重度・重複・多様化にあたり,子どもたちの姿勢・緊張・情動から自我形成・社会性を見通したワロンの理論が教師たちの支えとなり,実践の裏付けとなったことが示唆された。またワロンの論文『子どもの精神発達における運動の重要性』からは,重症心身障害児の姿勢や運動を通して,まわりの人間と原初的コミュニケ―ションをとり,精神発達や他者との関係を発展させていくことの重要性が明らかになった。 さらに自立活動教諭の実践からは,自立活動教諭が,あくまでも治療ではない自立活動という教育的営みを基盤として発想され発展した専門性を持ち,単に肢体不自由のある子どもたちの手足の運動をサポートしているのではなく,姿勢・緊張・態度・身振り・構えといった要素に注目し,間身体的な交流を通して子どもの発達をトータルに援助していることが示唆された。 最後に,このような臨床教育学的視点を持った関わりの重要性について述べた。
This study focused on clinical pedagogical approaches adopted by teachers and helping professionals for children with physical disabilities in Japan. The findings showed that the educational ideas on development advocated by Henri Wallon had a significant effect on human development professionals such as teachers involved in the education of physically and mentally impaired children. Around 1980 in particular, against the background of the diverse state of children with various severe/multiple disabilities at schools for disabled children, Wallon's theory, which anticipates children's ego-strength and sociality from their posture, strain and emotion, supported teachers' actual practices. His paper - Importance du mouvement dans le développement psychologique de l'enfant - discussed the importance of helping severely impaired children to achieve emotional development and enhance relationships with people around them via essential communication based on exercise. Examination of actual practices engaged in by self-care activity teachers revealed a highly advanced professional stance based on an awareness that activities are educational practices aimed at independence rather than a form of treatment, and that such personnel do not merely provide support for the exercise of children with physical disabilities; they also provide comprehensive support for sound development based on physical interaction with attention to various factors such as posture, strain, attitude, gestures and stance. This paper also highlights the importance of involvement in research with a clinical pedagogical perspective.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/71467
出現コレクション:第132号 : 間宮正幸教授退職記念号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学