HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第10号 >

トドマツ精英樹つぎ木クローン間の材質に関する2,3の特性の相違

Files in This Item:
1991_1-20.pdf101.78 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72960

Title: トドマツ精英樹つぎ木クローン間の材質に関する2,3の特性の相違
Authors: 氏家, 雅男 Browse this author
工藤, 弘 Browse this author
Issue Date: Aug-1992
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 10
Start Page: 40
End Page: 41
Abstract: トドマツ (Abies sachalinensis MAST.) は、北海道の天然林において最も蓄積量が多く(およそ1億m3、森林蓄積の20%を占める)その材は住宅建築に主として用いられ、背板等はパルプ用のチップとして、大量に利用されている。そのためトドマツは、主要な造林対象樹であり、現在大面積にわたって植栽されている。しかしこの樹種は、気象害や病虫害に対する抵抗力は比較的弱く、また幹材はしばしは低比重で、年輪幅が広すぎたり、水食い材の発生が見られるなど問題も多い。 国有林では、優良種子によるトドマツの造林を図る為、天然林および人工林から多数の精英樹を選抜し、つぎ木によってクローンを作出し、道内各地に採種園を造成している。本研究では、林木育種センターの片寄髞氏と共同で、クローン間の材質の相違について調べ、林学会誌に投稿しているが、ここではその概略を説明したい。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72960
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第10号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University