HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第30号 >

アカエゾマツ造林地の間伐方法の検討 : 針広混交林を目指して

Files in This Item:
2011-30_1-1.pdf8.73 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73058

Title: アカエゾマツ造林地の間伐方法の検討 : 針広混交林を目指して
Other Titles: Trials of commercial thinning to manage a Picea glehnii plantation : toward a mixed stand with naturally regenerated broadleaved species
Authors: 早柏, 慎太郎1 Browse this author
吉田, 俊也2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Hayakashi, Shintaro1
Yoshida, Toshiya2
Issue Date: 30-Nov-2012
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第30号
Start Page: 1
End Page: 5
Abstract: 近年、林業従事者の高齢化・減少のため北海道でも保育作業が遅れている造林地が多くある。このような森林の取り扱いは大きな課題であるが、今後、保育作業を行うにあたっては、多くの生態系機能へのニーズに対応した施業を行っていく必要がある。ここでは、雨龍研究林のアカエゾマツ造林地を、自然に侵入してきた広葉樹との混交林として育てていくことを目的とした間伐について報告する。混交林は、単一樹種のみの森林に比べて気象・病虫害への抵抗性が強く、また生物多様性が高いことが期待されており、その育成方法が広く注目されている。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73058
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第30号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University