HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

アルミニウムのポーラス型アノード酸化皮膜

Files in This Item:
J. Surface Finish. Soc. Jpn 69_554.pdf5.89 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/76067

Title: アルミニウムのポーラス型アノード酸化皮膜
Other Titles: Porous Anodic Oxide Films on Aluminum
Authors: 菊地, 竜也1 Browse this author →KAKEN DB
岩井, 愛2 Browse this author
中島, 大希3 Browse this author
夏井, 俊悟4 Browse this author
鈴木, 亮輔5 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kikuchi, Tatsuya1
Iwai, Mana2
Nakajima, Daiki3
Natsui, Shungo4
Suzuki, Ryosuke O.5
Keywords: Aluminum
Anodizing
Porous Oxide Film
Nanostructure
Issue Date: 1-Dec-2018
Publisher: 表面技術協会
Journal Title: 表面技術
Journal Title(alt): Journal of The Surface Finishing Society of Japan
Volume: 69
Issue: 12
Start Page: 554
End Page: 561
Publisher DOI: 10.4139/sfj.69.554
Abstract: アルミニウムおよびその合金を、主として酸性水溶液に浸漬してアノード酸化(陽極酸化)すると、アルミニウム表面にポーラス型アノード酸化皮膜が生成する。ポーラス皮膜はアルマイトやポーラスアルミナともよばれ、アルミニウムに耐食性や機械的特性、装飾性を付与する表面処理皮膜として極めて重要である。さらに近年、その特異なナノ構造を利用し、さまざまなナノテクノロジーへの応用が切り開かれつつある。ポーラス皮膜に関する総説・解説論文は表面技術誌上でこれまでにも掲載されているが、本論文においては最新の研究成果を踏まえつつ、ポーラス皮膜の成長挙動やナノ構造の基礎について、あらためて平易に概説したい。本特集号に掲載されているバリヤー型アノード酸化皮膜に関する総説および次号に掲載予定のアノード酸化の歴史に関する総説を併読すると、より理解が深まる。また、ポーラス皮膜を利用したナノテクノロジーについて、近年世界的に注目されている研究をご紹介したい。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/76067
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 鈴木 亮輔

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University