HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第69巻第2号 >

我が国における統合報告書に対する保証業務の特徴と課題 : 海外企業との比較から

Files in This Item:
0140ES_69(2)_201.pdf524.35 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77843

Title: 我が国における統合報告書に対する保証業務の特徴と課題 : 海外企業との比較から
Other Titles: Assurance of Integrated Reports : a Comparative Study on Japanese and Foreign Cases
Authors: 岡野, 泰樹1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Okano, Taiki1
Keywords: 統合報告
統合報告書
非財務情報
監査
保証業務
Issue Date: 17-Jan-2020
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 69
Issue: 2
Start Page: 201
End Page: 208
Abstract: 本稿は,我が国における統合報告書に対する保証業務の実態を包括的に調査し,海外の先行事例と比較検討することで,その特徴と課題の析出を試みるものである。検討の結果,我が国の統合報告書に対する保証業務は,①保証範囲と保証水準の観点から,極めて限定的な範囲で実施されていること,②海外の先行事例で見られたような,職業会計士による保証業務と,非職業会計士による保証業務との特徴の差の縮小は見られないこと,③ステークホルダーの視点よりも,報告組織の視点をより重視した形で保証業務が実施されていること,が指摘される。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/77843
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第69巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University