HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第136号 >

母親の視点から見た子離れの経験 : 子離れした後,母親であるということはどのように経験され続けているのか

Files in This Item:
04-1882-1669-136.pdf1.16 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/b.edu.136.1

Title: 母親の視点から見た子離れの経験 : 子離れした後,母親であるということはどのように経験され続けているのか
Other Titles: The experience of separation in child-parent relationship from mother's perspective : how mothers experience to be the mothers after the separation from their children?
Authors: 濤岡, 優1 Browse this author
Authors(alt): Namioka, Yu1
Keywords: 親子関係
子育て
子離れ
経験
ライフヒストリー
Child-parent relationship
Child rearing
Separation in child-parent relationship (KOBANARE)
Experience
Life history
Issue Date: 25-Jun-2020
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院
Journal Title: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
Journal Title(alt): Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University
Volume: 136
Start Page: 1
End Page: 29
Abstract:  本研究では,子供の自立に伴って経験される子離れに焦点を当て,子離れした後の時期において母親であることがどのように経験されているのかを検討した。そのために,2人の母親にインタビューを行い,その語りを質的に分析した。その結果3つのことが理解された。1つめは,そもそも子離れは子育ての終わりというよりも1つの区切りとして意味づけられており,それゆえに子育ては子離れをした時点で完結するものではなく,子離れをした後の子どもの人生の中で結実し意味をもっていくものとして認識されていること,2つめはそのような子離れに対する認識をもつがゆえに,母親であることは,子離れしたあとにも自らの子育てを振り返るという形で経験され続けていることである。そして,3つめは,その経験され続ける母親であるということは,そのあり方自体に質的な変化が伴っているという意味において,母親になる過程として理解されるということである。以上の結果を踏まえ,本研究は母親であることを,子離れする前の段階だけでなく,子離れの後の時期も含めたより長い時間軸の中で扱っていく必要性,さらに生涯において母親であることが経験され続けていくという前提の中で,親であることの意味や親子という関係性を扱っていく必要性を示唆するものである。
 This study examined the experience of being a mother after separating from their children ("KOBANARE" in Japanese). To explore this issue, interviews of two mothers were conducted and analyzed qualitatively using life history method. The study revealed three main findings. First, separation does not mean the end of motherhood, but instead is perceived as a transitional stage; so, the mother still plays a meaningful role in the child's life even after separation. Second, after separation, the mother continues to fulfill her role by looking back on her parenting. Third, the meaning of being a mother changes but still remains after separation, which means that this transition is also part of motherhood. To conclude, this study has showed that it is crucial to understand that motherhood has a longer time frame as it includes the post-separation stage. Based on the assumption that motherhood is a lifetime journey, this research further suggests the importance of examining the definition of motherhood and the characteristics of the child-parent relationship.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/78793
Appears in Collections:北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University > 第136号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University