HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

氷の結晶成長機構を探る : 新しい水分子モデルの開発と分子動力学シミュレーション

フルテキスト
TEION077-87.pdf738.46 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8318

タイトル: 氷の結晶成長機構を探る : 新しい水分子モデルの開発と分子動力学シミュレーション
その他のタイトル: Computer simulation studies on the growth kinetics of ice:development of a new H2O potential model and molecular dynamics simulations
著者: 灘, 浩樹 著作を一覧する
Eerden, J . P . van de 著作を一覧する
古川, 義純 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 77
終了ページ: 87
抄録: コンピュータシミュレーションによる氷の結晶成長研究について述べる.氷の結晶成長をシミュレー ションで調べるために我々が最近開発した水分子間相互作用モデルについて説明する.また,そのモ デルを用いて行った氷の固液界面の分子動力学シミュレーションから得られたミクロな固液界面構造 と成長機構について述べる.
We describe computer simulation studies on the crystal growth of ice. An intermolecular potential model of H2O, which we recently developed for simulation studies on the crystal growth of ice, is explained. Moreover, molecular-scale structures of ice-water interfaces and growth kinetics obtained by molecular dynamics simulations using the model are presented.
記述: 1章 コンピュータシミュレーションが拓く水系物質研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8318
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学