HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

擬似液体層の理論と雪結晶

フルテキスト
TEION095-102.pdf502.84 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8321

タイトル: 擬似液体層の理論と雪結晶
その他のタイトル: Quasi-liquid layers and snow crystals
著者: 佐藤, 加奈子 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 95
終了ページ: 102
抄録: 冬になると目にする雪結晶の様々な形の生成メカニズムは,まだ完全には理解されていない.そこに は,氷の表面構造が深く関与していると考えられている.この数十年間で氷の表面には擬似液体層が あることが実験的に明らかになってきた.ここでは,1972年に Lacmann と Stranski が考案した擬似 液体層のモデルを軸に,擬似液体層の性質を解析し,雪の相図を説明する.
Growth forms of snow crystals are closely related to the surface structures of ice. Over several decades, various experiments have revealed the existence of quasi-liquid layers on ice surfaces. In this paper we introduce a macroscopic model of the quasi-liquid layers proposed by Lacmann and Stranski in 1972. Based on this model, we analyze the properties of these quasi-liquid layers and explain the phase diagram of snow crystals.
記述: 1章 コンピュータシミュレーションが拓く水系物質研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8321
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学