HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

Ice XIの中性子回折 : 水素原子の配置が完全に秩序化した氷は存在するか

フルテキスト
TEION167-172.pdf723.41 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8329

タイトル: Ice XIの中性子回折 : 水素原子の配置が完全に秩序化した氷は存在するか
その他のタイトル: Time-resolved neutron diffraction studies of ice XI
著者: 深澤, 裕 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 167
終了ページ: 172
抄録: 高圧下の氷は温度を下げると Ice VIII と呼ばれる水素秩序構造に変化する.中性子回折の研究か ら,Ice VIII の全ての水素原子は秩序化した配置を有することが分かっている.それでは,大気圧下 に存在する通常の氷(Ice Ih)の場合,低温では何が起きるのであろうか? ここで,Ice XIと呼ば れる水素秩序構造が,長い時間を経て出現する可能性について考察する.果たして,水素原子の配置 が完全に秩序化したIce XI は存在するのであろうか?
Water molecules are dipolar, and neutron diffraction studies provide evidence that ices VIIII and IX (the proton ordered phases of ices VII and III) exist as stable lowtemperature phases under high pressure. However, under an atmospheric pressure,the proton of "normal" ice Ih is disordered even though at a very low temperature. A question that has long fascinated researchers is whether there exists a ferroelectric proton-ordered ice named ice XI, as a stable phase and under an atmospheric pressure. This debate becomes a topical subject as:ice XI exists on Pluto? Time-resolved neutron diffraction studies of ice reveal new aspects of this subject.
記述: 2章 水系物質の物性研究フロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8329
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学