HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

顕微観察および高圧ラマン散乱測定によるガスハイドレートの圧力誘起相転移とケージ占有性の研究

フルテキスト
TEION199-214.pdf1.66 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8334

タイトル: 顕微観察および高圧ラマン散乱測定によるガスハイドレートの圧力誘起相転移とケージ占有性の研究
その他のタイトル: Microscopic observation and in-situ Raman scattering studies on high-pressure phase transformations and cage occupancy of gas hydrates
著者: 佐々木, 重雄 著作を一覧する
清水, 宏晏 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 199
終了ページ: 214
抄録: ダイヤモンド・アンビル・セルを用いた単結晶顕微観察およびラマン散乱分光測定は,ガスハイドレー トの圧力誘起相転移およびゲストガス分子によるホスト水ケージの占有性の変化を調べる上で非常に 有効な手段である.本稿では,これら手法の特徴を解説するとともに,これまで我々が調べてきたア ルゴンハイドレート,クリプトンハイドレート,窒素ハイドレート,メタンハイドレートの圧力誘起 相転移,ホスト水ケージのゲストガスによる占有性の結果について考察を行う.
Microscopic observation and in-situ Raman scattering studies on high-pressure phase transformations and cage occupancies of single-crystalline Ar, Kr, nitrogen, and methane hydrates were reviewed. In this article we explained the characteristics of these experimental methods for ascertaining high-pressure phase transformations and cage occupancy of guest molecules. We also discuss the results of the pressure-induced phase transformations and cage occupancy for gas hydrates.
記述: 3章 クラスレートハイドレート研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8334
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学