北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science;第34巻 第2号

FONT SIZE:  S M L

最近当科で経験した非定型歯痛症例の臨床的検討

和田, 麻友美;山崎, 裕;村井, 知佳;中村, 裕介;佐藤, 淳;秦, 浩信;北川, 善政

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/55162
KEYWORDS : 非定型歯痛(AO);薬物療法;選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI);ベンゾジアゼピン系抗不安薬(BZD)

Abstract

非定型歯痛(Atypical Odontalgia: AO)は,明確な原因がないにもかかわらず歯やその周囲に疼痛を訴える疾患であり,歯科医師は診断や治療に苦慮することが多い.当科で診断したAO症例の臨床経過および治療効果を明らかにする目的で後ろ向き研究を行った.  対象は2010年1月から2012年5月の期間に,当科で最終的にAOと診断した22例(男性:5例,女性:17例,平均年齢:54歳)であった.主訴は歯痛9例・抜歯後疼痛6例・歯肉痛5例・インプラント術後疼痛1例・上下顎の顎骨疼痛1例であった.病悩期間は半年未満9例(41 %)・半年~1年3例(14 %)・1年以上10例(45 %)であった.全例が当科受診前に他の歯科医療機関を受診していた.前医で行われた治療は,歯内療法・歯周療法・レーザー照射・スプリント療法・補綴療法・薬物療法など多岐にわたっていた.  AOの臨床診断のもと,13例に対して当科で薬物療法を行った.使用した薬物は,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(selective serotonin reuptake inhibitor, SSRI:10例),ベンゾジアゼピン系抗不安薬(benzodiazepine derivative, BZD:9例)の順に多く,これらのうち7例が両者の併用例であった.治療効果は13例中7例(54 %)で疼痛の改善が認められた.改善した7例のうち,6例はSSRIとBZDとの併用療法であった.  SSRIとBZDの併用による薬物療法はAO症例に有効である可能性が示された

FULL TEXT:PDF