低温科学 = Low Temperature Science;第77巻

FONT SIZE:  S M L

地表面と永久凍土面の年平均温度の違い : 年平均気温・地表面温度が氷点下でなくても永久凍土は存在する

曽根, 敏雄;斉藤, 和之

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/73992
JaLCDOI : 10.14943/lowtemsci.77.49
KEYWORDS : サーマルオフセット;永久凍土;地表面温度;永久凍土温度;Thermal offset;Permafrost;Ground surface temperature;Permafrost temperature

Abstract

永久凍土の有無を確認するには,地温観測が必要となるが,広範囲で調査を行うことは困難である. 地表面の温度ならば,観測は容易であるが,それだけでは永久凍土の有無は判明しない.しかし地表 面温度と永久凍土の温度との関係性が知られれば,それを手掛かりに地表面温度情報しかなくても永 久凍土の有無を推定できるかもしれない.永久凍土面(あるいは最大季節凍結深となる深さ)におけ る年平均地温と年平均地表面温度との差をサーマルオフセットという.そこで本稿では,サーマルオ フセットについて,これまでに出版された文献を調べ,年平均地表面温度が0℃以上あった場合でも 永久凍土が存在しうる条件について検討した.その結果,-3℃より小さなサーマルオフセットの値 は見いだせなかった.また地表面温度が低い所ほどサーマルオフセットが0 に近づく傾向がみられ た.年平均地表面温度が0℃以上であっても永久凍土が存在する可能性はあるが,地表面温度が+3℃ 以上であれば,永久凍土が存在する可能性は低いといえよう.
Measurement of ground temperature is required to prove the absence or presence of permafrost, although availability of the in-situ measurements is practically limited. Ground surface temperature is easier to measure, but does not suffice for proof. Knowledge on the relationship between mean annual ground surface temperature (MAGST) and ground temperature can facilitate inference on the absence or presence of permafrost. In this report, we conducted a synthesis analysis on the thermal offset (TOFF), defined as the temperature difference between the permafrost top and the ground surface, from the available literature, and investigated the conditions for presence of permafrost at the places with MAGST≧0℃. It is found that the lowest TOFF value was -3℃, and TOFF approaches 0℃ as MAGST decreases. Despite it is possible to have permafrost with MAGST≧0℃, it is very likely to be permafrost-free when MAGST>3℃.

FULL TEXT:PDF