低温科学 = Low Temperature Science;第77巻

FONT SIZE:  S M L

総観気象と大気 : 陸面相互作用

佐藤, 友徳;中村, 哲;エルデンバト, エンフバト;寺村, 大輝

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/73993
JaLCDOI : 10.14943/lowtemsci.77.61
KEYWORDS : 総観気象;大気陸面相互作用;ユーラシア大陸;土壌水分

Abstract

大気と陸面の相互作用は様々な時間スケールで生じており,双方の時空間変動において重要な役割 を果たしている.ここでは総観規模の大気場と関連した大気陸面相互作用について,ユーラシア大陸 の中高緯度帯を対象地域とした研究を概説する.近年の東ヨーロッパから西シベリアの積雪偏差は植 生活動の水に対する依存度を高めていた.さらに,積雪偏差は土壌水分偏差として夏まで情報を持続 し,熱波のきっかけとなる準定常波の発生確率を変調する.モンゴル周辺の半乾燥地域では,初夏の 土壌水分量が数値モデルによる夏季降水量の季節内変動の再現に重要である.また,陸面状態の不均 一性はメソ対流系の発生確率に有意な影響を与えることも分かった.
Interaction between atmosphere and land plays a crucial role in their spatial and temporal variations. This article reviews recent progresses on atmosphere-land interaction that relates to synoptic meteorology over mid-tohigh- latitude Eurasia. We found a potential impact of snow water anomaly on the following summer climate via modifications of local vegetation activities and quasi-stationary waves.

FULL TEXT:PDF