低温科学 = Low Temperature Science;第77巻

FONT SIZE:  S M L

寒気吹き出し時に東京都市域で発生する大気下層の乱気流の数値実験

川島, 正行

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/73994
JaLCDOI : 10.14943/lowtemsci.77.71
KEYWORDS : 境界層乱流;メソスケールモデル;都市の影響;Cloud-land surface interaction;Turbulence;Mesoscale model;Urban effects

Abstract

寒気吹き出し時の2012 年3 月26 日の昼過ぎ,東京都市部の北東方向に位置する山岳域から都市部 に向かって下層雲が流れ込み,羽田空港では視界不良と乱気流によって飛行機の離発着が遅れた.本 研究では大気メソスケールモデルを用いてこの事例を再現し,強い乱気流の発生に及ぼす下層雲と都 市の影響について調べた.感度実験の結果から,乱気流の発生には大気境界層上部での雪の昇華によ る冷却の他,都市の土地被覆に伴う顕熱輸送の増加が重要であることが示唆された.
A strong low-level turbulence event occurred in the Tokyo metropolitan area during a cold-air outbreak on 26 March 2012. Mesoscale model simulations showed that the sublimation cooling beneath low-level clouds and the enhanced sensible heat flux over the metropolitan area are responsible for the strong turbulence.

FULL TEXT:PDF