低温科学 = Low Temperature Science;第77巻

FONT SIZE:  S M L

都市大気境界層の大規模計算が示す多スケール間の流れの相互作用

稲垣, 厚至

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/73997
JaLCDOI : 10.14943/lowtemsci.77.97
KEYWORDS : 渦スケール;格子ボルツマン法;相互作用;大規模数値計算;都市大気境界層;Eddy scale;Lattice Boltzmann method;Interaction;Full-scale computation;Urban boundary layer

Abstract

都市建物は地球上で最も大きな粗度要素と捉えられ,それが都市大気境界層を特徴づける要素の一 つとなっている.この大きな粗度要素のため,街路を抜ける風の流れは建物幾何形状に強く規定され る.一方,近年都市建物形状から大気境界層全体を陽的に解像する,フルスケールの大規模計算が行 われるようになり,建物より数オーダー大きな大気混合層の流れが都市地表面近傍の流れに直接的な 影響を及ぼすことや,単体建物の影響が非常に広範囲に及ぶことなどが知られるようになってきた. 本論ではこれら時空間スケールの大きく異なる風の相互作用の解説に加え,大気境界層の新しい計算 手法として期待される,格子ボルツマン法について紹介する.
Building roughness in urban boundary layer is extremely large compared to the other roughness on the earthʼs surface. Therefore, flow characteristics within the urban canopy strongly depends on the surrounding building geometry. However, a full-scale simulation of the urban boundary layer has revealed some evidences on the direct interaction of different size of eddies over different layers of the urban boundary layer.

FULL TEXT:PDF