アイヌ・先住民研究 = Aynu Teetawanoankur Kanpinuye;第1号

FONT SIZE:  S M L

北米先住民研究における「歴史的トラウマ」論の展開

近藤, 祉秋

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/80887
JaLCDOI : 10.14943/97155
KEYWORDS : 先住民ソーシャルワーク;語り;医療化;北方アサバスカン;Indigenous socialwork;narrative;medicalization;Northern Athabascans

Abstract

本稿では、北米先住民の「歴史的トラウマ」に関する先行研究を検討し、この分野で今後必要と考えられる視点を得ることを目的とする。「歴史的トラウマ」は、これまで先住民が現代文明に適応できない証として考えられがちであった健康格差が入植者の非人道的なふるまいによってもたらされたものであることを指摘した点において大きな意味をもつ。だが、近年では「歴史的トラウマ」論に対する批判もある。第1に、「歴史的トラウマ」に関する研究の多くが「歴史的トラウマ」を受けた集団はすべて何らかの機能不全に陥ることを前提として進められている。第2に、「歴史的トラウマ」の議論は現在の状況を説明する際に過去の事象に着目する一方で、現在でも引き続き人々が直面している抑圧の構造は等閑視されがちである。「歴史的トラウマ」概念のアイヌ研究への応用を考える際には上述した批判も念頭に置きながら進めていく必要がある。
In this paper, I review prior studies on historical trauma among Indigenous societies in North America. Historical trauma is a very important concept in Indigenous studies in that it suggests health disparity is caused by settlers’ deplorable behaviors. However, there are some criticism against this concept. First, studies on historical trauma tend to assume that all groups under such trauma inevitably show historical trauma response, including depression, alcoholism and drug abuse. Second, discussions on historical trauma focus on the past traumatic events as an ultimate cause of health disparities, they tend to disregard the effects of on-going structural inequalities. If we are to apply this concept to Ainu studies, we should be aware of warnings raised by the prior studies.

FULL TEXT:PDF