低温科学 = Low Temperature Science;第77巻

FONT SIZE:  S M L

都市域における熱輸送

菅原, 広史;山野, 満男;萩島, 理;成田, 健一

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/73996
JaLCDOI : 10.14943/lowtemsci.77.87
KEYWORDS : 熱輸送;乱流;都市気候;Heat flux;Turbulence;Urban climatology

Abstract

都市の暑熱環境は,将来の気候変動下において重要性を増す社会的課題である.本報では都市キャ ノピー上における熱輸送について実例を用いて解説した.大気中で熱を鉛直上向きに輸送するのは暖 気の上昇と冷気の下降であるが,大気成層が不安定な状態においてキャノピー上での熱輸送を担うの は,上昇する暖気であった.不安定性が強くなるほど,回数は少ないが強い乱流変動によって熱が輸 送されていた.キャノピー上での暖気上昇が,日射で加熱された建物壁面での上昇流と関連している 例を示した.
Turbulent heat transport in urban atmospheric boundary layer was investigated through the quadrant analysis with a field observation data. Heat flux above the buildings was dominated by upward ejection of warmer air in unstable stratification. In more unstable conditions, less frequent but stronger eddies accounted for a dominant portion of the turbulent heat transfer. An example was shown for a linkage in which the ejection above buildings corresponds to the buoyancy-driven upflow at the building walls.

FULL TEXT:PDF