北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science;第34巻 第2号

FONT SIZE:  S M L

口腔内病変を初発症状とした水疱性扁平苔癬の1例

村田, 翼;和田, 麻友美;山崎, 裕;佐藤, 淳;浅香, 拓哉;秦, 浩信;北田, 秀昭;北川, 善政

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/55251
KEYWORDS : 水疱性扁平苔癬;口腔内病変;薬剤

Abstract

口腔内病変を初発症状とした水疱性扁平苔癬の1例について報告する.患者は73歳の女性,口腔内の水疱と疼痛を主訴に当科を受診した.当科受診の約3年前に前医で頬粘膜より生検が行われ,扁平苔癬と診断された.  当科初診時,両手首に皮疹,口蓋に小水疱・糜爛,左頬粘膜に紅斑・白斑の網状病変,舌に発赤・糜爛を認めた.当院皮膚科に対診し,臨床所見・病理組織学的所見より水疱性扁平苔癬と診断された.治療により,小水疱の減少,症状の軽快を認めている.

FULL TEXT:PDF