子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development;第15号

FONT SIZE:  S M L

自閉スペクトラム症における過剰適応とカモフラージュの臨床的意義

千田, 若菜;岡田, 智

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/80836
KEYWORDS : ASD(自閉スペクトラム症);過剰適応;カモフラージュ;メンタルヘルス;Autism spectrum disorder;Over-adaptation;Camouflage;Mental health

Abstract

 ASDのある人のメンタルヘルスにおける、不適応の予防的観点から、過剰適応の概念に着目する必要性を整理することを目的に、わが国におけるASDの過剰適応について報告した文献を概観した。過剰適応はわが国に特有の概念と考えられており、海外では類似する概念としてperfectionism(完璧主義)やburnout(燃え尽き)、camouflage(カモフラージュ)が、ASDのメンタルヘルスに関わる要因として指摘されている。特にカモフラージュは、近年のASD研究で注目されており、実証研究を通じ有用な知見が見出されている。過剰適応もカモフラージュも、社会的状況で生じ、従事している間は外見上問題がないように見えるが、従事した結果の悪影響があることは共通している。一方で、臨床家から過剰適応として指摘されている現象の中には、カモフラージュでは説明しきれない特徴や変数が存在する。ASDのある人への不適応の予防的支援に向け、過剰適応と他の類似する概念の整理が研究上の課題となっている。
A literature review was conducted on over-adaptation in individuals with autism spectrum disorder (ASD) in Japan, in order to study the clinical implications of preventing mental health problems. Over-adaptation is considered to be a concept peculiar to Japan, along with related issues like perfectionism, burnout, and camouflage, which impact mental health in individuals with ASD. Camouflage, in particular, has been the focus in recent research on ASD, and useful findings have been reported through empirical research. Both over-adaptation and camouflage occur in social situations, and appear to be externally adapted in individuals with ASD. In addition, they commonly lead to negative consequences in these individuals. However, some symptoms and states reported as over-adaptation by Japanese clinicians cannot be explained by camouflage. In order to provide preventive support for maladaptation in individuals with ASD, the relationship between over-adaptation and related psychological traits needs to be investigated, and the over-adaptation process and associated factors should be identified.

FULL TEXT:PDF