アイヌ・先住民研究 = Aynu Teetawanoankur Kanpinuye;第1号

FONT SIZE:  S M L

先住民族との和解にむけて : 謝罪、補償とトラウマの修復

窪田, 幸子

Permalink : http://hdl.handle.net/2115/80888
JaLCDOI : 10.14943/97158
KEYWORDS : オーストラリア・アボリジニ;イヌイット;世代横断的トラウマ;ヒーリング;Australian Aborigines;Inuit;trans-generational trauma;healing

Abstract

本稿では、先住民と主流社会の和解の可能性と、その社会的影響をテーマに取り上げ、考察する。カナダとオーストラリアでは、1990年代から和解が大きな社会的焦点となってきた。両国の、植民地の歴史はいずれも18世紀に始まり、先住民が暴力をうけるなどの苦しい経験をし、文化を剥奪され、人口を大きく減らしたことなども共通している。特に、1970年代まで両国で続けられた強制的な子どもの引き離しと、寄宿学校での強制を伴う教育は、先住民の人々に悲劇的な結果をもたらした。その結果、多くの人々が現在もつづくトラウマに苦しんでいるのである。このような事実は、これも両国で1980年代に注目を集めるようになり、国家的な調査がおこなわれ、和解への提言がだされた。そしてさらに、2008年には両国の首相が公式謝罪をおこなっている。このように、両国の和解に向かう経緯は大変類似して見えるのだが、細かくその内容を検討すると、相違点も見えてくる。本稿は、和解に向かう経緯での相違点を指摘し、その違いが与える社会的影響と意味について検討、考察する。それにより、先住民との謝罪、ヒーリング、そして和解の役割を、我々がより深く理解することをめざす。
This paper is to examine and understand the social function and possibility of reconciliation between the indigenous population and mainstream society. Both in Canada and Australia, reconciliation has become an important social focus since the 1990s. The colonial history of them is similar in many ways. It started as a settler society mainly from England in the 18th century, and the indigenous population experienced harsh colonization and the deprivation of culture. Especially, the forcible removal of children from their home to educate them in boarding schools which continved until the 1970s left the tragic result for the indigenous population. Many still struggle with trauma. It attracted social attention and became a major social issue since the 1980s. Major national researches were held and they made recommendations for reconciliation. And in 2008, Prime Minister in both countries made an official apology. Thus, their procedure and timing look very similar, though, the detailed examination enabled me to find some differences. I will point out these differences in the procedure of reconciliation and examine the meaning of and the effect of them. I expect it will benefit us to understand the role of apology, healing and reconciliation with the indigenous population.

FULL TEXT:PDF