HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
北海道大学大学院農学研究院邦文紀要 = Memoirs of the Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University >
Vol. 2 No. 3 >

礼文島の犬に初めて確認した蝟粒條虫寄生並びに同島に於ける包虫症 (エヒノコックス症)の感染経路考察

フルテキスト
2(3)_p147-150.pdf420.3 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/11605

タイトル: 礼文島の犬に初めて確認した蝟粒條虫寄生並びに同島に於ける包虫症 (エヒノコックス症)の感染経路考察
その他のタイトル: On the occurrence of Echinococcus granulosus (Batsch, 1786) Rudolphi, 1805 in the dog in the Rebun Island, and the discussion about the course of infection of the echinococcosis.
著者: 山下, 次郎 著作を一覧する
大野, 善右衛門 著作を一覧する
高橋, 弘 著作を一覧する
服部, 畦作 著作を一覧する
発行日: 1955年10月31日
出版者: 北海道大學農學部
誌名: 北海道大學農學部邦文紀要
巻: 2
号: 3
開始ページ: 147
終了ページ: 150
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/11605
出現コレクション:Vol. 2 No. 3

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学