HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究科  >
經濟學研究 = The economic studies >
第56巻第1号 >

家計財と公共財に関する家族の自発的供給行動

フルテキスト
ES_56(1)_129.pdf521.98 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/13175

タイトル: 家計財と公共財に関する家族の自発的供給行動
その他のタイトル: An Analysis for Private Provisions to Public Goods and Household Goods
著者: 田中, 藍子 著作を一覧する
キーワード: 家計財
家族
公共財
自発的供給
利他的効用関数
発行日: 2006年 6月 8日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究
巻: 56
号: 1
開始ページ: 129
終了ページ: 150
抄録: 利他的な個人と利己的な個人とがいる純粋公共財の自発的供給問題において,パレート最適はナッシュ均衡ではみたされず,部分ゲーム完全均衡や利他的な個人の効用最大化によってみたされることが知られている。本稿では,家計財と公共財という便益の及ぶ範囲の異なる2つの公共財を自発的に供給する2人2家族の単純なモデルを用い,効用関数を対数型に特定化し,部分ゲーム完全均衡などがパレート最適をみたさないことを示す。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/13175
出現コレクション:第56巻第1号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学