HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
電子科学研究所  >
北海道大学電子科学研究所技術部技術研究報告集 >
第1号 >

エゾシカ用バイオテレメントリーシステムの開発

フルテキスト
KJ00000697019.pdf428.06 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/1443

タイトル: エゾシカ用バイオテレメントリーシステムの開発
著者: 鎌田, 清春 著作を一覧する
小野, 幸次郎 著作を一覧する
発行日: 1992年
出版者: 北海道大学電子科学研究所
誌名: 北海道大学電子科学研究所技術部技術研究報告集
巻: 1
開始ページ: 41
終了ページ: 46
記述: 電波の到来方向の測定には種々の方法がある。従来,簡単な手法としてループアンテナの指向特性のデットポイントで測定する方法がとられているが,マルチパスのある環境では,その精度の劣化が問題となる。本実験では従来デットポイントを測定するのに比べ測定精度を上げるのがむづかしく,また,自動化などには不適当とされていたアンテナ指向特性のピークポイントを測定して電波の到来方向を探る方法を採用することにより,誤差の少ない方位の測定が出来ることを示した。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/1443
出現コレクション:第1号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学